豚こま肉で作るラクチン魯肉飯(ルーローファン)

台湾名物の肉かけご飯、魯肉飯です。

豚肉に干しエビ・干し椎茸・昆布・たっぷりの香味野菜・スパイスを加えて、煮込む我が家特性のレシピです。

今回は豚バラの代わりに豚こま肉を使い、全ての具材をフードプロセッサーでカットするので、ほとんど手間もかからず煮込むだけで仕上がります。

スパイスはカレー粉を入れることで簡単に複雑な風味を楽しむことができます。

その他のスパイスはお好みで大丈夫ですが、スターアニス(八角)を入れると一気に台湾料理の感じが出てくるのでおすすめです。

お酒は紹興酒を使っていますが、日本酒と味醂を同量ずつ加えて代用することができます。

冷凍すれば1ヶ月ほど保存できます。大量に調理して作り置きにしておくとランチなどに手軽に使えるので便利です。

材料

  • 干し海老 10g
  • 干し椎茸 10g
  • 出汁昆布 10g
  • 豚こま肉 250g
  • 玉ねぎ 2個
  • ニンニク 2かけ(15g)
  • しょうが 2かけ(15g)
  • ごま油 大さじ2
  • 紹興酒(なければ日本酒+味醂) 50cc
  • 醤油 20cc
  • オイスターソース 小さじ1
  • 水 500cc
  • 黒酢 大さじ1
  • 黒胡椒 お好みで
  • シナモン お好みで
  • 花椒 お好みで
  • 唐辛子 お好みで
  • ローリエ お好みで
  • クローブ お好みで
  • スターアニス お好みで
  • 温かいごはん 適量
  • 卵(目玉焼き・ゆで卵・温泉卵など) 適量
  • お好みの蒸しお野菜 適量
  • フライドオニオン 適量

手順

  1. 干し海老・干し椎茸・昆布をフードプロセッサーで粉末状にします。
  2. 玉ねぎ・ニンニク・生姜をフードプロセッサーでみじん切りにし、ごま油をひいた鍋で香りが出てくるまで中火で炒めます。
  3. フードプロセッサーで粗みじんにした豚肉を加え、強火で軽く焼き目がつくぐらいまで炒めます。
  4. スパイス類を加えて炒め合わせたら、水と全ての調味料を加えて中火で30分~1時間煮込みます。
  5. 温かいご飯に煮込んだ具材をかけて、卵・野菜・フライドオニオンを添えれば完成です。

合わせたワイン

IL COLOMBAIO DI SANTA CHIARA Vernaccia di San Gimignano DOCG  “L`ALBERETA” 2016 (イル・コロンバイオ・ディ・サンタ・キアーラ ヴェルナッチャ・ディ・サン・ジミャーノ ”ラルベレーラ”)

樽由来のナッツの香りとバターのような円やかさとほのかな白い花の香り、強いアルコール感にオレンジの皮のような苦み、硬いミネラル感と強めの酸味があり非常に骨格のしっかりとしたワインです。

  • 産地 イタリア トスカーナ州 ヴェルナチャ・ディ・サンジミニャーノ
  • 品種 ヴェルナチャ 100%
  • 度数 13.5%
  • 容量 750ml
  • 輸入 VinoHayashi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA