大根とアボカドの低温調理棒棒鶏

低温調理でしっとりと仕上げて鶏胸肉を割いて作った棒棒鶏です。

花椒たっぷりのラー油を使ってかなりスパイシーな味付けにしてみました。
暑くなるこれからの季節にピッタリです。

大根の千切りとアボカドで辛味を緩和しながらいただきます。
スパイスがたっぷりなので、果実味があるどっしりとした赤ワインとの相性が非常にいいです。

材料

  • 鶏胸肉 2切れ(700g)
  • 酒 大さじ4
  • 塩 3.5g(鶏肉の0.5%)
  • すり胡麻 大さじ3
  • 具入りラー油 大さじ2
  • 醤油 大さじ2
  • 黒酢 大さじ1
  • レモン果汁 大さじ1
  • 豆板醤 大さじ1/2
  • オリーブオイル 大さじ3 
  • アボカド 1個
  • 大根 1/2本
  • スナップエンドウ 6本
  • 糸唐辛子 適量

手順

  1. 皮を取った鶏肉・塩・酒を密封できる袋に入れて、63℃で3時間低温調理します。
  2. 加熱し終わった鶏肉は、氷水などで粗熱を取ったら冷蔵庫に入れてしっかりと冷やします。
  3. 千切りにした大根・食べやすい大きさに切ったアボカド・手で細く割いた鶏肉をお皿に盛り付けます。
  4. すり胡麻・ラー油・醤油・黒酢・レモン果汁・豆板醬・オリーブオイルをしっかりと混ぜてソースを作ります。
  5. 鶏肉にソースをかけ、細切りにしたエンドウと糸唐辛子を飾れば完成です。

合わせたワイン

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_2623-768x1024.jpg

Luccarelli il Bacca Primitivo di Manduria 2015(ルッカレッリ イル バッカ プリミティーヴォ ディ マンドゥーリア)

インクのような濃い黒の色調。黒い果実や干しレーズンのような濃厚な果実味と五香粉やバニラ・白胡椒などの土っぽいスパイスの香りが感じられます。
穏やか酸と滑らかなタンニンが果実味をしっかりと支えて余韻のある味わいになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA