低温調理した鶏胸肉とアボカドのヤンニョムソース

塩で味付けしたシンプルな鶏胸肉にアボカドとヤンニョムソースソースを合わせた、メインにも前菜にもなる一品です。

サッパリとしていてスパイスの刺激も感じられるので、暑くなってくるこれからの時期におすすめです。

材料

  • 鶏胸肉 1枚(300g)
  • 塩 
  • 酒 大さじ1
  • アボカド 1個
  • 大根 1/4本
  • ヤンニョムソース 大さじ1
  • お湯 適量
  • フライドオニオン 適量
  • オリーブオイル 小さじ1

手順

  • ポリ袋に鶏肉・塩・酒を入れてしっかりと揉み込み、60℃で3時間低温調理をします。
  • 加熱し終わった鶏肉は冷水で粗熱を取ったら、冷蔵庫で冷やします。
  • 大根を薄い半月切りにして、お皿に敷き詰めます。
  • 鶏肉とアボカドを同じくらいの厚さにカットして交互に並べます。
  • お湯を加えて柔らかくしたヤンニョムソースをかけます。
  • フライドオニオンを散らして、オリーブオイルを回しかければ完成です。

合わせたワイン

Luccarelli il Bacca Primitivo di Manduria 2015(ルッカレッリ イル バッカ プリミティーヴォ ディ マンドゥーリア)

インクのような濃い黒の色調。黒い果実や干しレーズンのような濃厚な果実味と五香粉やバニラ・白胡椒などの土っぽいスパイスの香りが感じられます。
穏やか酸と滑らかなタンニンが果実味をしっかりと支えて余韻のある味わいになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA