低温調理で作ったローストビーフ

低温調理で失敗なく作れるローストビーフです。
味付けはシンプルに塩だけにして牛肉の旨味をじっくりと味わいます。
サシの入った和牛で作ると脂が舌の上で溶けて甘みを堪能できます。

設定温度は55度とギリギリの低温に設定して代わりに長時間加熱することによりしっかりと殺菌をしています。
目指す火加減は半生の赤色ではなく、水分が抜けて繊維が固くなっていない綺麗なロゼ色です。

材料

  • 牛ランプ肉 1kg
  • 塩 10g(肉の1%)
  • オリーブオイル 大さじ1

手順

  1. 牛肉に塩をすり込み一晩寝かせます。
  2. ジップロックなどの密封できる袋に肉とオリーブオイルを入れて空気を抜きます。
  3. 低温調理器を使って55度で8時間加熱します。
  4. 氷水につけて粗熱をとります。
  5. 袋から肉を取り出し、キッチンペーパーで拭き取ります。
  6. バーナーを使って表面を炙れば完成です。お好きな厚さに切ってお召し上がりください。

合わせたワイン

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0629-scaled.jpg

Montiano Lazio Rosso Falesco 2016(モンティアーノ ラツィオ ロッソ ファレスコ)

凝縮された赤い果実やジャムの香りの中にバニラ・青胡椒・カカオ・オークなどが重層的に感じられます。
甘い口当たりの後に滑らかなタンニンと豊かな酸があり非常にバランスの良いワインです。

  • 産地 イタリア ラツィオ州
  • 品種 メルロー
  • 度数 15%
  • 容量 750ml
  • 輸入 オーバーシーズ