トリュフ薫るフライドポテト

トリュフ塩を使ったワインに合うおつまみ系フライドポテトです。
皮を剥かず揚げることで、ジャガイモの土っぽい香りがしっかりと感じられて、トリュフとの相性もよくなります。

冷たい状態の油からじっくりと揚げることによって、失敗なく丁度よい揚げ加減に仕上げることができます。
香りよく軽やかな味わいになるので、揚げ油はオリーブオイルがポイントです。

トリュフとの相性の良い卵を揚げて、半熟の黄身を付けながら食べるのもおすすめです。

材料 2人分

  • ジャガイモ 200g
  • トリュフ塩 揚げ上がりのイモの1%
  • オリーブオイル 適量

手順

  1. 鍋に8等分のくし切りにしたジャガイモを敷き詰めて、ひたひたになるまでオリーブオイルを注ぎます。
  2. 中火にかけて、触らずにじっくりと加熱します。
  3. 表面がカリカリになったら揚げ上がりの目安です。自然と離れていきますが、くっ付いているものがあれば箸などではがしてください。
  4. ジャガイモをザルに揚げしっかりと油を切り、トリュフ塩をしっかりと全体にまぶせば完成です。

合わせたワイン

ST.NIKOLAUS Kestener Paulinsberg Riesling Spatlese 2019(ザンクト・ニコラウス ケステナー・バウリンスベルク リースリング・シュペートレーゼ)

ぶどうの木のオーナー返礼品として届いたワインです。
若いワインらしい、フレッシュな甘みと酸味のバランスがちょうどいいです。