バターポン酢チーズ牛丼

たっぷりのお野菜にバターと牛肉の旨味をまとわせたワンプレートでいただく焼き牛丼です。
レモンポン酢の爽やかさでサッパリといただけます。

材料 2人分

  • 牛ももスライス 300g
  • カブ 1個
  • ジャガイモ 小さめ2個
  • 玉ねぎ 1個
  • ほうれん草 2本
  • 長ねぎ 1本
  • トレビス 1~2枚
  • レモン 1/2個
  • 醤油 大さじ2
  • レモン果汁 大さじ2
  • バター 30g
  • 黒胡椒 少々
  • ピザ用チーズ 30g
  • オリーブオイル 大さじ1
  • ごはん 適量

手順

  1. フライパンにオリーブオイルをひき、5㎜の厚さにカットしたカブとジャガイモを中火で炒めます。
  2. カブとジャガイモの火が通ってきたら、ざく切りにしたほうれん草と薄切りにした玉ねぎ・長ねぎの白い部分を加えしんなりしてくるまで炒めて取り出します。
  3. 強火にしてバターをひいたフライパンで牛肉を焼きます。
  4. 8割くらい火が入ったら、レモンと醤油を加えて軽く沸騰したら肉を取り出します。
  5. 残った煮汁に炒めた野菜と長ねぎの青い部分の細切りを入れ、野菜に絡めるようにして水分が少なくなるまで軽く炒め煮にします。
  6. お皿に盛り付けたご飯の上にチーズをのせて、バーナーで軽く焦げ目がつくまで炙ります。
  7. 炒め煮にした野菜とお肉・トレビス・レモンを添えて、お好みで黒胡椒をかければ完成です。

合わせたワイン

ST.NIKOLAUS Kestener Paulinsberg Riesling Spatlese 2019(ザンクト・ニコラウス ケステナー・バウリンスベルク リースリング・シュペートレーゼ)

ぶどうの木のオーナー返礼品として届いたワインです。
若いワインらしい、フレッシュな甘みと酸味のバランスがちょうどいいです。