残り物をアレンジして作るシーフードスープカレー

残り物のカレーをスープやそれに近い役割を果たしてくれる豆乳やトマトジュースなどで伸ばすことによって簡単にスープカレーにすることができます。
使うスープによってアレンジは無限大なので、いろいろと試してみてください。

今回はビーフカレーに野菜のクズを煮出したベジブロスと冷凍シーフードの旨みを追加したスープカレーにしてみました。

材料 2人分

  • カレー 200g
  • ベジブロス 400㏄
  • 冷凍海老 10尾
  • 冷凍ホタテ 4個
  • オイスターソース 大さじ2
  • ナンプラー 小さじ1
  • ゆで卵 2個
  • カブ 1個
  • ジャガイモ 1個
  • 菜の花 4本
  • トレビス 2枚
  • パセリ 少々
  • 黒胡椒 少々
  • フライドオニオン 少々

手順

  1. 海老とホタテを冷蔵庫で半日ほどかけて解凍します。
  2. 油をひいた鍋に食べやすい大きさに切った野菜をいれ、弱火でじっくりと焼き目を付けます。
  3. 野菜を取り出したら強火にし、魚介の表面にさっと焼き目を付けます。生食可能ならば取りしてトッピングに、出来ないならば鍋に残してカレーと一緒に煮込みます。
  4. 解凍したカレーとベジブロスを鍋に入れて中火にかけます。
  5. 沸騰したら10分ほど煮込み、オイスターソース・ナンプラーで味を整えます。
  6. ごはんとスープを別々に盛り付け、グリルした野菜と魚介・ゆで卵をトッピングします。
  7. ごはんの上に黒胡椒・パセリ・フライドオニオンを散らせば完成です。

合わせたワイン

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0629-scaled.jpg

Montiano Lazio Rosso Falesco 2016(モンティアーノ ラツィオ ロッソ ファレスコ)

凝縮された赤い果実やジャムの香りの中にバニラ・青胡椒・カカオ・オークなどが重層的に感じられます。
甘い口当たりの後に滑らかなタンニンと豊かな酸があり非常にバランスの良いワインです。

  • 産地 イタリア ラツィオ州
  • 品種 メルロー
  • 度数 15%
  • 容量 750ml
  • 輸入 オーバーシーズ