釜揚げ生姜うどん&ごぼうと春菊のかき揚げ

はたけなか製麺様の「生姜の効いた手延べ半生うどん」レシピ第2弾です。

以前は濃厚なガーリックシュリンプと合わせてパスタのようにしていただきましたが、

今回はシンプルに釜揚げうどんでいただきます。

冷蔵庫に残っていたごぼうと春菊でかき揚げを作って、いつものズボラめんつゆと合わせます。

お出汁の香りと生姜の風味がマッチしていくらでも食べられてしまいそうです。

「生姜の効いた手延べ半生うどん」は現在、クラウドファンディングのmakuakeでプロジェクトが進行中です。

気になる方はぜひご覧ください。

材料

  • 「生姜の効いた手延べ半生うどん」 2袋
  • A小麦粉 大さじ2
  • A片栗粉 大さじ2
  • A塩 ひとつまみ
  • Bオリーブオイル 小さじ1/2
  • B炭酸水 50㏄
  • Cごぼう(ささがき) 1本分
  • C玉ねぎ(薄切り) 1個
  • C春菊(ざく切り) 3束
  • C帆立(刺身用) 4粒
  • 揚げ油 適量
  • めんつゆ 大さじ4

作り方

  1. ボウルにAを入れ箸で混ぜ合わせます。
  2. Bを加え練らないようにさっくりと混ぜたら、Cを加えて全体になじませます。
  3. 80℃に熱した油で両面をカラッと揚げたらかき揚げの完成です。
  4. 「生姜の効いた手延べ半生うどん」を表示時間通り茹でます。
  5. つゆ用のお椀にめんつゆを入れて、茹で汁でお好みの濃さに割ったら完成です。

合わせたワイン

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0629-scaled.jpg

Montiano Lazio Rosso Falesco 2016(モンティアーノ ラツィオ ロッソ ファレスコ)

凝縮された赤い果実やジャムの香りの中にバニラ・青胡椒・カカオ・オークなどが重層的に感じられます。
甘い口当たりの後に滑らかなタンニンと豊かな酸があり非常にバランスの良いワインです。

  • 産地 イタリア ラツィオ州
  • 品種 メルロー
  • 度数 15%
  • 容量 750ml
  • 輸入 オーバーシーズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA