牛バラ肉のシチュー

半額になっていた米国産牛バラ肉を使って、簡易版シチューを作りました。

香味野菜は玉ねぎとニンニクだけですが、時間と予算に余裕があれば人参やセロリを加えるとよりおいしく仕上がります。

もちろん市販のフォンドボーやスープの素は使わずに素材の本来の旨味で仕上げていきます。

ポイントは牛バラ肉の脂身や筋は細かく刻んでカリカリに炒めることです。

この香ばしさが味に深みを出し、赤身部分も余計なものがついていないので食感がとってもよくなります。

トマトとワインをベースに煮込むと酸味や渋みが強くなるので、甘みを加えることでバランスを取っていきます。

今回は家に残っていたマディラ酒を使いますが、ジャムやハチミツ・砂糖などお好みのものを試してください。

材料

  • 赤ワイン 400㏄
  • 牛バラ肉 430g(赤身部分が400g)
  • 塩 4g(赤身の1%)
  • A玉ねぎ(みじん切り) 2玉
  • Aニンニク(みじん切り) 1かけ
  • マディラ酒 50㏄
  • トマト缶 1缶(400g)
  • Bバター 10g
  • B黒胡椒 お好みで
  • グリル野菜 お好みで
  • パセリ お好みで

作り方

  1. 牛バラ肉の赤身と脂身・筋を切り分けます。
  2. 赤身を一口大の大きさに切り、塩をふったら赤ワインに30分ほど漬け込みます。
  3. 鍋に細かく切った脂身・筋とAを入れて中火でカリカリになるまで炒めます。
  4. 鍋にマディラ酒(もしくは水)を入れて、鍋底の旨味をゴムベラなどでこそげとります。
  5. トマト缶と漬けたワイン・牛肉を入れて中火にかけます。
  6. 沸騰してきたら弱火にして、アクをすくいながら1時間ほど煮込んでいきます。
  7. 半量~2/3くらいまで煮詰まったら、Bを加えて味を整えます。
  8. お皿によそったら、グリル野菜とパセリを添えて完成です。

合わせたワイン

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0629-scaled.jpg

Montiano Lazio Rosso Falesco 2016(モンティアーノ ラツィオ ロッソ ファレスコ)

凝縮された赤い果実やジャムの香りの中にバニラ・青胡椒・カカオ・オークなどが重層的に感じられます。
甘い口当たりの後に滑らかなタンニンと豊かな酸があり非常にバランスの良いワインです。

  • 産地 イタリア ラツィオ州
  • 品種 メルロー
  • 度数 15%
  • 容量 750ml
  • 輸入 オーバーシーズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA