無添加本格ビーフシチュー

ビーフシチュー

こんにちは。とかっぷです。

今回は市販のルーもフォンド・ボーも一切使わない完全手作りビーフシチューです。
素材の旨味とお酒の風味をじっくりと引き出すことで、本格的な味わいに仕上がります。

おうち時間の長いこの時期にぜひ試してみてください!

材料(2~3人分)

  • 牛バラ肉・スネ肉 合計1kg
  • 赤ワイン 1.5L
  • ブランデー 50cc
  • カシスリキュール 50cc
  • バルサミコ酢 50cc
  • 塩 15g
  • 小麦粉 大さじ2
  • ニンニク 1かけ
  • 玉ねぎ 2個
  • 人参 1本
  • セロリ 1本
  • オリーブオイル 80cc
  • トマト缶 1個(400g)
  • ローリエ 1枚
  • いちごジャム 大さじ1
  • バター 20g
  • 蜂蜜 小さじ1

ポイント
ジャムやリキュールは他のフルーツのものを使うとまた風味が変わるのでいろいろとアレンジしてみてください。
意外な組み合わせとしては梅酒がおすすめです。

付け合わせ(お好みで)

  • カブ 1個
  • さつまいも(紫) 1/2本
  • ブロッコリー 1/2房
  • ベーコン 50g

手順

  1. 牛肉を大きめにカットしてボウルに入れ、ブランデー・カシスリキュール・バルサミコ酢と赤ワインをひたひたになるまで注ぎます。残ったワインは煮込む時に加えれば良いので全て入れなくても大丈夫です。
  2. 1〜2日ほどじっくりと冷蔵庫で寝かせます。
  3. 牛肉をザルにあけて水分を切った後、塩をして下味をつけます。
  4. つけ汁は一度鍋で沸かし、ペーパーを敷いたザルなどでアクを取り除きます。
  5. フライパンで人参・玉ねぎ・セロリ・ニンニクをみじん切りにして鍋に入れ、塩(分量外)を少し振って弱めの中火でトロッとするまで30分から1時間ほど炒めて取り出します。
  6. フライパンで全面にしっかりと焼き色がつくまで強めの中火で牛肉を焼きます。水分や脂がたくさん出てくるのでペーパーなどで適宜拭き取ってください。
  7. お肉に小麦粉をまぶし、粉っぽさがなくなるまで炒めます。
  8. 煮込み用の鍋に焼いた牛肉・つけ汁・残っていたワイン・トマト缶・ローリエ・ジャムを入れて、焦げ付かないように時々かき混ぜながら、2時間以上煮込みます。今回は5時間ほど煮込んでいます。
  9. 大きな肉を取り出し、それ以外の具は目の細かいザルで裏濾しします。
  10. 濾したソースに肉を戻して温め直し、バター・蜂蜜・塩で味を整えれば完成です。

裏漉しする際に残った具材はカレー粉・小麦粉・バターと合わせて炒めて、カレールーにすることができます。

合わせたワイン

Château Huat-Brisson La Grave 2010(シャトー・オー・ブリソン ラ・グラーヴ)

感想
深い赤紫色。ラズベリーやバニラの香りの中にほのかにオレンジ味がうかがえます。
カベルネ・フランやメルロー主体の滑らかな飲み口の中に小石のようなミネラル感と酸味、後味にクローブのような土系のスパイスの香りが感じられます。

産地 フランス  ボルドー地方 グラーヴ地区
品種 カベルネ・フラン、メルロー、カベルネ・ソーヴィニョン
度数 14%
容量 750ml
輸入 ワインハウスゲアハルト(http://gerhardt.co.jp