無水鍋で作る蒸しガパオ

冷凍しておいたバジルが合ったので、切って煮込むだけのお手軽ガパオライスを作ってみました。

炒めるガパオライスと違って、じっくりと煮込むことによって鶏肉が柔らかく仕上がるので、挽き肉ではなく大きめにカットしています。

柚子胡椒は手軽にコブミカンのような風味がつくので、エスニック料理を作るときに代用として使うと便利です。

材料

  • 鶏胸肉 2枚(600g)
  • バジル 20g
  • ピーマン 4個
  • ニンニク 1かけ
  • 玉ねぎ 2個
  • 唐辛子 1本
  • オリーブオイル 大さじ1
  • レモン果汁 大さじ2
  • ナンプラー 大さじ2
  • 柚子胡椒 小さじ1
  • オイスターソース 小さじ1
  • レモン(輪切り) 適量
  • ピンクペッパー 適量
  • オクラ 適量
  • ご飯 適量

手順

  1. ニンニクをみじん切り、唐辛子を輪切り、それ以外の材料は食べやすい大きさにカットします。
  2. 無水鍋に鶏肉・バジル・ピーマン・玉ねぎ・ニンニク・唐辛子と調味料(オリーブオイル・レモン果汁・ナンプラー・柚子胡椒・オイスターソース)を入れます。
  3. 蓋をして弱火にかけて、1時間火にかけます。
  4. お皿にご飯を盛り付けて、煮込んだガパオをかけます。
  5. 輪切りレモン・ピンクペッパー・オクラを飾り付ければ完成です。

合わせたワイン

Niersteiner Bildstock 2018(ニアシュタイナー・ビルトストック)

非常にドイツワインらしい白桃や青リンゴなどのフルーツのアロマ。フレッシュな酸と遅摘みブドウの豊かな果実味を感じます。

青色のボトルも美しく、ギフトなんかにも良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA